最新ニュース News

トップページ > 最新ニュース > 日経産業新聞がまち歩き観光アプリ『 下町そら散歩 』紹介

日経産業新聞がまち歩き観光アプリ『 下町そら散歩 』紹介

2012.05.14 UP

2012年5月1 日
株式会社うぶすな
株式会社ビーマップ
ブラステル株式会社

報道関係各位
㈱うぶすなと、㈱ビーマップは
まち歩き観光アプリ 『 下町そら散歩 』 を共同開発
5月22日、墨田区と台東区でサービス開始


   株式会社うぶすな(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉井 靖、以下うぶすな)と、株式会社ビーマップ(東京都文京区、代表取締役社長:浅賀英雄、以下ビーマップ)は、このたびスマートフォン用のまち歩き観光アプリ『 下町そら散歩 』を共同開発し、東京スカイツリーR開業の5月22日にサービスを開始します。

   特別協賛にブラステル株式会社(東京都墨田区、代表取締役:田辺淳治・川合健司)、コンテンツ制作にあたっては、墨田区、一般社団法人墨田区観光協会、台東区に全面的な協力をいただきました。


   本アプリは、多言語対応のまち歩き観光ナビゲーションアプリ『おもてナビ』と、江戸時代と明治時代の古地図体験アプリ『今昔散歩』を統合したものです。主な機能としては、入力したプロフィールに基づいてまち歩きルートを推奨し、地図画面とARカメラ画面上の矢印で行き先をナビケーションする機能や、画面に浮かぶアイコンをタップして施設等の詳細説明を表示する機能、江戸⇔明治⇔現代と地図画面を切り替えて歴史散歩を楽しむ機能などがあります。

   また、現地での詳細な情報提供やナビゲーションに加え、自宅や通勤途中など発地側で現地情報を参照できる機能を備え、事前に旅(まち歩き)のシミュレーションが可能になっています。

   さらに、多言語対応機能や、音声再生機能を搭載しており、外国人の利用や、長時間のまち歩きを想定したきめ細かいサービスを実現しています。

   このように、『おもてナビ』や『今昔散歩』が有する多くの経験と実績を活かし、同様の地域系アプリと比較しても圧倒的に多機能で、かつ高いデザイン性及び操作性を実現しています。

   サービス対象地域は、墨田区と台東区であり、対応言語は日本語と英語。20を超えるまち歩きルート、ガイドブック2冊分の約1,000コンテンツを搭載しています。



   <画面イメージ>

トップ画面 ルート検索表示画面 ARカメラ画面 地図画面(現代) 地図画面(江戸)


1.サービスの概要

   本アプリは、GooglePlay、あるいはAppStoreからユーザーのスマートフォンにダウンロードします。

   アプリを起動して最初に表れるトップ画面には、お勧め動画、及び施設検索やルート検索表示機能があり、事前に旅のシミュレーションを行うことができます。ルート検索表示ボタンを押すと、入力したプロフィール等に基づいて最適なまち歩き観光ルートを推奨(レコメンド)します。

   現地に到着すると、ナビ開始ボタンでまち歩きナビゲーションを開始します。ユーザーは、地図画面とARカメラ画面を切り替えながら、まち歩きを楽しみます。GPSでユーザーの現在地を取得し、お勧めまち歩き観光ルート上の進行方向を矢印でナビゲートするとともに、周囲の「観る」「買う」「食べる」「休む」といった観光情報をアイコン(エアタグ)で表示します。アイコン(エアタグ)をタップすると施設詳細画面で詳細な説明文を表示するとともに、音声を再生します。地図画面は、江戸時代、明治時代、現代の三つの地図を切り替える機能があり、歴史散歩を楽しむことができます。



2.対象地域と搭載コンテンツ

 【対象地域】 墨田区:押上(とうきょうスカイツリー駅周辺)、向島、錦糸町、両国を中心とした地域
台東区:浅草、上野・御徒町、浅草橋を中心とした地域
 【搭載ルート】 20ルート超  【搭載コンテンツ】約1,000


3.主な機能

 1) 観光ルート表示 利用者属性、所要時間、趣味嗜好などにより最適なルートを推奨します。
 2) 観光ルートの
   ナビゲーション
現在地、ルート順、施設名、次の施設までの距離・方向、残り距離などを地図画面およびARカメラ画面のどちらにも表示します。
 3) 施設・ルート検索 観光施設等の検索表示、まち歩きルートの検索表示を行います。
 4) 施設詳細情報 観光施設や飲食店、お土産屋、縁のある人物などの詳細情報を提供します。
 5) 多言語対応 現在は日本語及び、一部のコンテンツが英語に対応しています。
 6) 音声ガイド テキストに加え、音声でコンテンツを提供します。主要施設に近づくと、自動的に音声が再生されます。
 7) 古地図表示 江戸時代、明治時代、現代の三種類の地図を切り替え表示できます。
 8) 対象機種等 Android OS 2.2以上、解像度480×480以上(タブレット含む)
iOS 4.3以降、iPhone4 /4S、iPad
ただし、一部機能及びiOSは6月末サービス開始予定。


4.その他

   東京スカイツリーR開業を記念し、無料ダウンロードキャンペーンを実施いたします。


 <問い合わせ先>
  株式会社うぶすな 地域活性アプリグループ
    担当:増渕 TEL:03-6265-1981 info@ubusuna.co.jp
  株式会社ビーマップ 事業推進本部
    担当:白井 TEL:03-5842-6405
    https://www.bemap.co.jp/contact/contact.php

ページの先頭へ戻る