最新ニュース News

トップページ > 最新ニュース >オリンピックに向けた多言語対応事例として「港区まち歩きナビ」が紹介されました

オリンピックに向けた多言語対応事例として「港区まち歩きナビ」が紹介されました

2014.08.01 UP

2020オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会ポータルサイトで、
「港区まち歩きナビ」がICTを活用した外国人向け多言語対応の取組事例として紹介されました。

東京都オリンピック・パラリンピック準備局HP

都知事記者会見(2014/7/31)

ページの先頭へ戻る