最新ニュース News

トップページ > 最新ニュース >NTTデータ・協和エクシオと共にビーコン事業を開始

「BEACON NAVI」の活用に関する実証実験を開始します

2014.10.27 UP

エポネットは、NTTデータ、協和エクシオと連携し、三井不動産運営の「アーバンドック ららぽーと豊洲」で
高精度な位置情報ソリューション「BEACON NAVI(TM)」に関する実証実験を9月25日より開始しました。

「BEACON NAVI(TM)」は、施設に配置したビーコン端末からの情報と屋内地図情報を基に測位補正する
技術を用いて、従来の10m超に比べ3m程の高精度測位およびフロアを考慮した位置把握を実現します。
これにより、吹き抜けなどのある位置情報の把握が困難な施設においてもスマートデバイスを通じて
来訪者を効率的に誘導できるようになるうえ、ビーコン設置施設に対して来訪者の行動分析など
位置情報を生かしたサービスも提供可能となります。

今回の実証実験では、リクルートライフスタイル提供の「ホットペッパーグルメ」クーポンを活用して
フロアをまたいだ送客を行う他、迷子サービスのような各種サービスの活用やビーコンの特性を考慮した
最適な設置箇所などを検証します。

今後は 「BEACON NAVI」の有効性や改善点等、2014 年10 月末までの実証実験で得られた結果を踏まえ、
性能の向上や新たな商用サービスの提供について検討していく予定です。


詳しくは、以下をご参照ください。
<プレスリリース>

ページの先頭へ戻る